2015-06-26から1日間の記事一覧

宮沢賢治とエスキモー?

宮沢賢治の作品に初めて出会ったのは、伯父から贈られた岩波書店刊の二冊の童話集(現在は品切れ)だった。初版は1969年11月とあるから、読んだのは遅くとも1964年前半で、私は五歳だった。 そのなかで、『銀河鉄道の夜』に次の一節がある。 「鳥が飛んで行…